転職について考えてみよう

転職のタイミングは人それぞれです。転職しようと決意している方、転職を悩んでいる方の中で次の仕事探しは極めて重要です。

自分がどのような仕事に携わりたいのか、就職してから何を実現したいのか。転職者は自分の将来に大きく影響する仕事について、様々に考えています。営業職に転職する場合でも「個人向け」、「法人向け」、「新規開拓型」か「ルート営業」か営業職といっても、多くのパターンがあります。

営業職とは、商品やサービスをお客さまに提案する仕事です。相手のお客様にわかりやすく説明し、商品を売り込む必要があります。また「喋り上手」な人が営業にむいていると思われがちですが、お客様の話しを丁寧にヒアリングし、「聞き上手」になることが営業をする上で重要な事を忘れてはいけません。

また営業の本来の目的は契約を獲得することである。体の疲れ=契約数と勘違いしてしまう事があるが、どれだけアプローチ数を増やしてお客様と対話をするかが重要であり、自分自身で営業について工夫することが必要である

営業職について色々書きましたが、営業はやりがいのある仕事です。営業職は自分の日々の頑張りが数字に表れやすく、これだけ会社に貢献したなど成果が見えやすい仕事です。それをプレッシャーに感じることも有りますが、数字がアップすればそれだけ喜びもアップします。

業界にもよりますが、「人」対「人」の営業は日常生活ではであえないようなお客様とも出会える機会が増えます。そうしたコミュニケーションを多く積むことで、自分の経験値や人脈を広げることができます。このようにやりがいのある営業職に転職したいと思う人も多いでしょう。

営業に就職したい、転職したいと思っている方は多くいると思いますが、どこの会社を選ぶべきかは求人サイトや求人サイトの掲載内容で選ぶ事が多いです。

就職採用者側も就職者・転職者を獲得することは容易ではありません。

転職したいと思っている求職者を獲得するには転職サイトに載せるだけではなく、転職者がサイトに入って来やすい環境や見やすい求人版を作ることが大切です。↓↓↓↓以下の「しごとパックCMS」はGoogleしごと検索やindeedに特化しています。 是非サイトを覗いてチェックしてみてください!!