営業職 売れる気持ちの作り方

「なぜトークテクニックを覚えたり商品知識を学んでも獲得件数が伸びないのか?」

「なぜ、営業を始めたばかりの頃は獲得件数が多くても徐々に獲得件数が減る人がいるのだろうか?」

「なぜ、営業を始めたばかりで経験も知識もないのに多くの件数を獲得できる人がいるのだろうか?」

世の中のセミナーや営業本は、ほとんどがプレゼンスキルやトークスキルを向上させて獲得件数を伸ばすという前提で紹介されている。 トークが上手くなって。商品 知識も増えたら契約数も増えるという前提だ。

しかし、その前提に立つのなら、経験や商材知識は月日が経つにつれてついていくハズなのに獲得件数が伸びない人がいるというのは変ではないか?

それらに対する明確な答えは文献や資料では見つけられなかったが、これを解き明かすことで何か重要なことが分かるのではないかという予感めいたものがあった。

それで生のデータを分析している過程でアプローチ数や成約率が関係していることを発見し、一つ一つ解き明かす過程で営業で獲得件数を伸ばすにはトークテクニックや商品知識の前に学ぶべきことがあるという結論に辿り着き、それを外出先でも簡単にスマホから読める電子書籍として出版した。

この本の第一章では、営業員が売れなくなる原因に加えて経験も知識もない状態でも売れる原因を解き明かすことで売る為に必要な【売れる気持ち】を紹介した。

第二章では、これまでの世に出回っている営業トーク本やプレゼンセミナーは(経験と知識を増やしていけば成約率が上がる)という前提条件で
成り立っていて、それなら月日が経っていき経験や知識が増えていけば獲得件数も上がるハズなのに

「なぜ成約率が落ちていく人がいるのか?」

という不思議な現象の原因を解明した。その原因が分ったので、どうやって成約率を上げていけば良いのかをもう一つの【売れる気持ち】と合わせて紹介をした。

営業で契約を沢山獲得できるようになる為に学ぶことは無数にあるのだが、それらを学ぶ上で根本的に必要な【売れる気持ち】として学ぶべきものは
二つしかない。たった二つしかないが、この二つの【売れる気持ち】を持っているかいないかであなた営業人生は大きく変わってくることだろう。

これから営業を始める人はもちろん、今まで色々なセミナーや本を読んでもなかなか獲得件数を上げられなかった人、
部下にトークや知識を教育しても効果が現れずに困っている人がこの本を読み、少しでもそれらの人の助けになれたら同じ営業に関わる者として幸いである。

Amazon kindleアプリ版で読む

iPhoneかiPadで読むなら↓